news

アナログなボカシ網

新作のフィルム製作中です。絵を色ごとに分解して筆を使ったり鉛筆を使ったり、

いろんな物が進化していく中でボカシ作業は、昔ながらのボカシ網がやっぱり使いやすい。

ササっと出して後のお掃除もらくちん、飛び散るオペークインク粒子はシルクスクリーン版画にぴったし。

自転車散歩で見つける「安曇野」

あまり知られていないでは?と思うのですが、安曇野は自転車散歩にとっても適した小径が、縦横無尽に続いています。永く暮らしていても、日頃利用する道路といえば国道や北アルプスパノラマロードなど、南北に通じる主要な道路ばかりを使っていて、脇道にそれる事などほとんどありませんでした。日頃の運動不足が気になってはじめた自転車散歩だったのですが、意外にも沢山の副産物があって、季節の草花や屋敷林のある田園風景、夕焼けの北アルプスなど、車では気づかなかった「すてきな安曇野」にちょっと観光気分、いつもの風景なのに新鮮な気持ちになれます。


そんな散歩から見つけたとっておきの風景、みなさまにもお伝えしたいと、シルクスクリーン版画という技法で作品を制作しています。この「シルクスクリーン版画」を説明するのが難しくて困るのですが、昔は謄写版とか、ちょっと前ならプリントゴッコなどが同じ「孔版画」の仲間、染色などで使われる捺染型紙などから発展した版画技法になります。このシルクスクリーン版画で制作した「安曇野の版画」は、全国各地で展示会などで発表しています。安曇野では自宅工房併設のギャラリーなどにも展示していますので、ご興味のある方は自転車散歩のついでにでも覗いて見てください。
安曇野という場所柄、版画というものを制作する環境として考えても、大変良い空間を提供してくれていている様で、すぐ目の前にあるモチーフを版画の作品にして、工房のギャラリーで展示、ちょっと変形の産地直送です。採りたての「安曇野」シルクスクリーンの版画でみなさまにお届けいたします。

 

マリエのLINEスタンプ「つぶやきねこ2」販売中

マリエのLINEスタンプ第2弾「つぶやきねこ2」販売中!!
http://line.me/S/sticker/1090783

LINEスタンプショップで【マリエ】か【つぶやきねこ】で検索してね
→スタンプの買い方、検索方法

山のグラデーション

シルクスクリーンのグラデーション刷り、やや難易度が高いので普段は写真を撮ったりする余裕がない。
版上のインクが安定しないので、1〜2枚刷っただけで又インクを練り直したりする。
今回作業のし易い大きめのグラデーション刷りだったので、ちょっと余裕がありました。
下のインク「ピンク」と「うすい黄色」の2色刷りです。

グラデーション刷り用のレールを作って「ぼかし」を安定させます。レールが長くなるほど難易度が増します。

アートギャラリー穂高

穂高駅構内にあった「アートギャラリー穂高」が閉店されました。地元作家の絵画を中心の展示販売、SKY版画工房の3人の作品も長い間お世話になりました。何度かの個展も開催して、沢山の出会いもありました。ちょっと寂しくなります、ありがとうございました。