久しぶりの水彩画

久しぶりにまとまった数の水彩を描いた。版画の下絵的な感じのものは時々描いてはいたけど、腰を据えて描いたのは久しぶり。描いている内に初めての水彩画での展示会を思い出した。もう34~35年前の若かりし頃、「水彩画二人展」と名を打って東大阪の小さなギャラリーでの二人展。その時いっしょに展示発表した小林修一さんはその後水彩画の道に進み、当時版画の学校へ通っていた僕は版画への道を選んだのでした。小林さんのホームページがありましたので下にリンクしておきます。久しぶりに描いた水彩画は大町の葛温泉「かじか」に展示中です。

ー 微風の窓

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.