シルクスクリーン版画

木版画などと同じ様に色それぞれ別々の版を用意します。
色数が増えればその色数の版が増える事になります。
ボカシ刷りは一つの版に違う2色又は3色を版上でボカシながら
スキージと呼ばれるゴムベラで刷り込んでいきます。

 

 

silk380

 

シルクスクリーン版画は日本の伝統的な染色技法である「型染め」や、西洋の「ス
テンシル」などから発展した版画技法です。製版されたスクリーン上の「孔」を通
してインクを刷り込む事から、「孔版」と呼ばれています。インクを厚く盛ること
が出来るので、他の版種に比べ耐光性に優れているのが特徴です。
歴史的には木版や銅版画に比べまだ新しく、美術作品として制作され出したのは、
写真製版の技法が確立された1950年代になります。

 

jyonen-yubae-s600

 

シルクスクリーン版画を制作する場合、まず制作する限定部数を決めます。
途中の失敗刷りなどにそなえて、その枚数より少し多めの枚数の紙を用意して制作に
進み、色の数だけ版を重ねます。(上の「常念夕映」の場合は10枚の版が使用され
ています。)刷り上がった作品は検品され、版のズレや汚れなどある用紙は廃棄され
ます。出来上がった版画は鉛筆で限定番号を入れていきます。通常画面の左下に、
1/75、2/75~と限定した数字を書き、そしてタイトル、右側にサインをします。
が、きちんとした取り決めはなく、作家によってはタイトルを書かない場合もあります。
A.Pはartist proofの略で作家用を意味します。版元などが版画を出版する場合に、市場に
販売する限定番号の他に作家用として限定数の10%~15%の枚数のA.P が出版されます。
又、他に工房などで作品制作にたずさわった人たち(刷り師)の保存用としての
P.P(Printer’s Proof)や、版元などが商品見本などに使ったH.C(Hors commerce)などがあります。

 

 

s_pres